額縁の種類の多さにびっくりしてしまいます

額縁は、額縁の中に入れるモノによって変わって来ます。
額縁と聞いて一番初めに思い浮かぶのは、卒業証書や褒賞などを入れる額縁です。
資格を取ったり、講義を受けたりした時も認定書のようなモノをくれますので、それを飾ったりして個人の評価を上げたりします。

その他の額縁の種類もたくさんありますが、写真であったり押し花を入れたりする額縁もあります。
あまり見たことはないですが、手ぬぐいを飾っている額もあるようで、水墨画のような縦に長い額縁が主流のようです。

額縁は、色や柄などもたくさんありますし、材料も鉄製や木製など様々あり、値段でさえもバラバラになっています。
中に入れる物によって、外枠を変えて、合っていると思う額縁を探して、ベストな状態を探りながら、合っているモノを見つけましょう。

大きさにもよりますが、安い物なら1000円程度からあります。
5000円程の値段のモノなら、かなり良い額縁を買うことが出来るでしょう。
種類で言うと、書道の作品であったり、絵画の作品であったり、色紙であったり、記念品を飾ることが多いですね。
それに加えて、遺影であったり、ユニフォームであったりと飾る品物はたくさん存在します。

すべての物が思い出の物になりますので、額縁でその思い出をもっと印象つけても良いかもしれないですね。
頑張った分だけ、賞状や褒賞には思い入れが出てきます。
それだけに飾り甲斐もあると言うものですから、その分額縁にもこだわりを持って見るようにしましょう。

本当に飾る必要のあるものならば、きっと良い額縁が見つかると思います。
思い出を大事に飾りたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Just another WordPress site